007スカイフォールとトムフォードは傑作

007 スカイフォールは、わたしの大好きな映画のひとつです。また、誰が見ても楽しめるエンターテイメント作品で名作、名画と呼べる作品です。
007は、どうしても様式美といいますか、日本的に言えば水戸黄門ばりに流れができあがてしまっておりその枠を外れることが出来ないという難しい問題があります。
そのため、どうしてもボンドを変えても何作か作るとパターン感というかデジャブ感が強くなって飽きられてしまう傾向が強いのです。
しかし007 スカイフォールは、ダニエル・クレイグがボンドを演じる3作目の007でありながら、過去2作を超えるドキドキとワクワクを与えてくれながら、しかもきちんと007シリーズであったのがすばらしかったです。
映像もたいへん美しくてスケールも大きく、さまざまな場所の風景までもが美しく描かれており、劇場で見てよかったと感じさせる作品でした。
ジェームス・ボンドのファッションも素晴らしいものがあり、ファッションを手掛けたトムフォードのサングラスは、ダニエル・クレイグ本人もプライベートで使用しています。
007 スペクターもたいへん楽しみですが、もしまだ007 スカイフォールを見ておられないようであれば、ぜひスペクターの前にスカイフォールを見ることをお勧めしたいと思います。

SNSでもご購読できます。