サングラスは夏にかけるだけでなく、お洒落として1年中かけられるものです。
中にはメガネ自体をかけないので、サングラスをかけるのはちょっと勇気が要る方もいるでしょう。
でも、現代は紫外線が問題です。
紫外線が肌にとって一番の敵だということは周知のことでしょう。
紫外線はシミやシワの元であり、肌の老化を速めます。
そして、その紫外線は肌に直接当たるだけではなく、瞳から入ってくるものも肌に大きな影響を与えることが分かってきました。
そこで、紫外線の強い5月からまだ日差しの強い11月くらいまで、帽子や日傘を使わないなら、サングラスをかけましょう。
肌や腕、脚は日焼け止めを塗ることが出来ますが、瞳にはそれが出来ません。そこでサングラスの出番です。
サングラスのデザインは好きな物を選べますが、紫外線を防ぐなら、色については注意が必要です。
あまり黒い色は却って効果が薄く、軽い茶色位が一番紫外線の通過を防ぎます。
何故なら、濃い目のサングラスをかけると瞳の瞳孔が光を取り入れようと大きく開いてしまうので、紫外線が入りやすくなってしまうからです。
瞳孔が外の光を感じて出来るだけ小さくなるように、色は薄めのサングラスを選びましょう。
その際にあまり安物のサングラスではなく、できれば高級ブランドをお勧めします。
いいレンズを使うフレームが安物だと、微妙に感じる人が多いのではないでしょうか。
やはりいいレンズにはいいフレームがしっくりきます。
お勧めは、イタリアのトムフォードというブランドのサングラスです。
このトムフォードのサングラスは、女性に高い人気があり海外のセレブも愛用しています。