サングラスの手入れは、通常のメガネと近い形で行います。
まず表面の汚れは、流水で洗うようにします。水を使わずにメガネ拭きのような布で拭う人が見受けられますが、それだと、メガネの表面に残ったホコリなどが引きつれて、レンズに傷を作ってしまう可能性があるのです。
ですから、まずは流水でホコリなどを流してしまってから、拭うようにします。柔らかい布を使いましょう。
また、できればぬるま湯を使うのが好ましいです。
皮脂が取れない場合は、中性洗剤を軽くつけて、水で流すようにします。サングラスについた皮脂は目立ちやすくみすぼらしいので、早めに拭き取りたいですね。
また、メガネ拭き専用の洗剤などもありますが、ものによってはサングラスのコーティングが外れてしまう場合もありますので、わからない場合は避けたほうが無難でしょう。
つるが錆びてしまわないように、つるの部分もしっかりと拭いてから、保管するなり、またかけ直すなりするのが、最もサングラスが傷まない手入れです。
私は有名ブランドのトムフォードのサングラスを愛用していますが、高級でカッコいいデザインのサングラスなので、手入れはしっかり行っています。
しっかりサングラスを手入れして、長く使ってあげましょう。