まだ実家にいた頃、「ER緊急救命室」を見ていました。
ダグラス先生、かっこいいと思っていたら、あれよあれよという間に人気者になったジョージ・クルーニー。
人気が出てきたら、前述のドラマから卒業して、今度はテレビではなく、映画館のスクリーンを飾るようになりました。
そんな彼も中学生時代、いわゆるいじめに苦しんだことが知られています。
彼は顔の半分がつるような症状が出るベル麻痺という病気を患っていたのだそうです。
今の彼からはとても想像できませんが、人生最悪の時間と話しています。
彼に限ったことではありませんが、ハリウッドのスターは自分の病気や、苦難の時間を隠すことなく話します。
今まさに苦しんでいる人たちの励みになるのではないかと思います。
ちなみに、彼は結婚をしましたが、長いこと、ゲイ疑惑がありました。
これについても、彼は自分は絶対に違うと否定することは、ゲイの人たちを否定することになるとして、否定も肯定もしなかったことで知られています。
誰にでも優しい気配りができて、彼は男の中の男という感があります。
そんなジョージ・クルーニー、サングラス好きでも有名です。
なかでもセレブに人気のブランド「トムフォード」のサングラスを愛用しています。